Aptanaのインストール

Aptanaはスタンドアローンな環境でも動作しますが、元はEclipseをベースとして作られてもいるため、Eclipseのプラグインとしてインストール方法も存在します。ただし単体でのインストールのほうが安定的に動作するそうです。

Aptana IDEをダウンロードしてインストールする。

Eclipseをインストールしている場合は、プラグインとしてインストールしてください。

AptanaはWindows, Linux, and Mac OS Xの各OSにインストールすることができます。

ハードウェア推奨スペック

  • Windouws: 512MB RAM、Pentium 4クラスのプロセッサ
  • Mac OS: 512MB RAM、G5、もしくはIntel機
  • Linux: 512MB RAM、Pentium4クラスのプロセッサ

Aptana IDEを用いるには、 v1.5.0以上のJava JREがコンピューターにインストールされている必要があります。OSがWindowsの場合は、Aptanaのインストール時にJARも自動的にインストールされます。(Windows 98の場合は別途インストールが必要。)Mac OSの場合は始めからJREはシステムにインストールされています。

公式サイトのダウンロードページからAptana IDEのインストローラーをダウンロードし、保存した実行ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

 

EclipseのプラグインとしてAptanaをインストールする。