各ビューの機能と説明

このページでは、Aptana IDEのワークベンチ上にある各ビューの解説をします。

ブックマーク・ビュー

ブックマーク・ビューは、現在開かれているプロジェクト中のブックマークをすべて表示しています。ブックマークは、コードの中で手早くアクセスしたかったり頻繁にアクセスしたい箇所に挿入することができます。(詳しくは⇒ブックマークの追加の仕方より)

ブックマーク・ビュー中の任意のブックマークをダブルクリックすることにより、該当するコードの箇所に迅速にジャンプできます。(ブックマークされたファイルがAptana上で開かれていなければ、ファイルが自動的に開かれます。)

ブックマーク・ビュー

ブックマークビューを表示させるには、「ウィンドウ」メニューから「ビューの表示」、「ブックマーク」を選択します。

コードアシスト・プロファイル・ビュー

コードアシスト・プロファイル・ビューは、コードアシストのライブラリを管理することができます。
このビューはデフォルトでAptanのワークベンチで表示されています。表示されていない場合は以下のようにしてビューを開きます。

コードアシスト・プロファイル・ビューを表示させるには、「ウインドウ」メニューから「ビューを表示」、「コードアシスト・プロファイル・ビュー」を選択します。

コードアシストプロファイルビュー

コードアシスト・プロファイル・ビューにファイルを追加するには

JavaScriptや他のファイル作成時にコードアシストを利用する前に、コードアシストプロファイルビューにそのファイルを追加する必要があります。ファイルを追加する方法には2通りのやり方があります。

  • ファイルビューからコードアシストプロファイルビューにドキュメントファイルをドラッグします。
  • 「プロファイルにファイルを追加する」ボタンをクリックし、ファイルの場所を指定します。

現在のプロファイルを変更するには

  1. 新しいHTMLファイルを開きます。
  2. コードアシストプロファイルビュー内で、プロファイルの自動生成を無効にするため「Link with editor」ボタンのチェックをはずします。
  3. 現在のプロファイルにしたいプロファイルを右クリックし、「現在のプロファイルを作成」をメニューから選択します。

アクティブなライブラリを操作する

昇格、降格ボタンを使って、コードアシストプロファイルビュー内のライブラリファイルの順番を変更します。ライブラリの順番は、コードアシストでの優先順位を指し示しており、一番下がもっとも優先順位が高いライブラリになります。

TIPs 現在エディターで開かれている任意のファイルは、コードアシストプロファイルビュー内のすべてのライブラリより高い優先順位を持ちます。

高速ビュー

高速ビューからは任意のビューに迅速にアクセスすることができます。

ビューの登録をする前は、ワークベンチの左下にある高速ビューツールバーには何も表示されていない状態になっています。

高速ビュー

ここに好きなビューを登録するには、登録したいビューのタブをドラッグ&ドロップで高速ビューツールバーの上に持ってきます。また、高速ビューツールバー上のボタンをクリックし、メニューの中から選択して登録することもできます。

高速ビュー

高速ビューを非表示にするには、ツールバー上のボタンをクリックして切り替えます。

ファイル・ビュー

ファイル・ビューからはローカルなハードディスクドライブの任意のファイルにアクセスすることができます。

ファイルビューを表示させるには、ツールバー上の「ウインドウ」から「ビューを表示」中の「File」をクリックします。

ファイル・ビュー

ファイルビューの表示を最新のものに更新するには、リフレッシュボタンリフレッシュをクリックします。

ファイルビューに特定のフォルダとファイルを表示するには

ひとつのフォルダー中の中身のみを表示させるには、目的のフォルダー上で右クリックをして、メニューからBrowse From Hereを選択します。再びすべてのフォルダを表示させるには、戻るボタン戻るをクリックします。

WEBに関するファイル(.html, .js, .css, .xmlなど)のみを表示させるには、Show Web Files Onlyボタンウェブファイルのみを表示をクリックします。表示を元に戻すには再びこのボタンをクリックします。

複数のファイルビューを生成するには

ワークベンチ中に複数のファイルビューを表示させることができます。複数作ることで、ファイルの移動が容易に行えるようになります。

二つ目のファイルビューを表示させるには、現在開いているファイルビュー上のCreate a New File Explorerボタン新しいファイルビューをクリックして新しいビューを生成させます。

新しいファイルビュー

新しく作ったファイルビューは、ドラッグによってワークベンチ中の任意の場所に移動させることができます。

ファイルビューからプロジェクトにアクセスする

ファイルビューからプロジェクトにアクセスしたい場合は、プロジェクトのショートカットを作成することができます。プロジェクトのショートッカットは、FTPを使用している際などにファイルを移動させるのに非常に便利で、ファイルビューとプロジェクトビュー間でタブを切り替える必要がありません。

プロジェクトのショートカットを作成するには、ファイルビュー中のProject Shortcutsを右クリックし、メニューからAdd new Project...を選択してProject Site Configurationウインドウを表示させます。

プロジェクトのショートカット

ここでブラウズなどでプロジェクトのパスを入力してOKボタンをクリックします。